会社概要
屋号 COSTOMガレージ WESTSIDE
MAIL staff@ldd.jp
受付時間 AM10:00〜PM8:00
定休日 毎週日曜日
所在地 福岡市早良区
電話番号 092−402−1090 ※弊社では、お電話でのご依頼・サポートは行っておりません。
事業内容 自動車用品販売
CUSTOMカー製作
自社製品 開発、販売
自動車用品製品 製作 供給
業務内容 ヘッドライト加工
テールランプ加工
LED加工
ワンオフ製作全般
板金
自動車バイク、整備
車種販売
バイク販売
イベント車両製作、販売
廃車引取り
自動車&バイクオークション代行業務
実績 CUSTOMガレージWESTSIDEは、一般の方や様々な業者方と取引をしておりますので依頼をされる方は安心してご信用頂きお取引をさせて頂いております。

≫ ・各社ディーラー様
≫ ・トータルカスタムショップ様
≫ ・車両販売店様
≫ ・ブローカー様
≫ ・CUSUTOM関連、広告代理店様
≫ ・全国各地の、板金業者様

他にも、車関連以外でも他の業者の方達と良き取引をさせて頂いておりますので信用、実績に関してもご安心頂けると思います。
規約事項

当店へご依頼いただく前に必ずお読みください。
ご依頼をいただいた時点で以下の注意事項をご理解いただけたものとします。

[1] ご依頼いただく際に、加工中・加工後のメンテナンス、不具合修理、その他ライトの脱着が必要になった場合に、お車に乗れないなどお困りにならないために予備のライトをご準備されることをお勧めします。

[2] 加工、リメイク、不具合修理などによるライトの脱着で必要な費用や、お車に乗れないために必要となる費用などの保証はいかなる場合も一切いたしません。

[3] 純正部品、社外品にかかわらず加工前に漏水、割れ、目立つ傷など事前に把握してください。当店へ部品到着時に加工前傷確認をいたしますが、使用するにあたって問題のある割れや傷がある場合を除いてこちらから報告はいたしません。

[4] 純正部品でも経年劣化による割れや傷からの水の浸入は十分に可能性があります。特に中古部品の加工の際はご注意ください。

[5] 疑問、質問などは加工前に納得いくまでご確認下さい。ご理解頂いた上での加工になりますので気になる点などありましたら必ず事前にお問い合わせください。

[6] 車検に関して、どのような加工でも合否の保証はできません。同じ加工でも地域や検査員によって見解がかわり合否も変動しているのが現状です。

[7] 加工の際は細心の注意を払い製作いたしますが、当店はハンドメイド加工になりますので細かな傷、加工跡、取り除くのが困難な塵などが気になる方や神経質な方はご依頼されないほうが良いです。あくまでもライトのワンオフ製作は、元々完成された物を崩し穴を開ける、切る、削るなどの作業になりますので完全・完璧を求められる方のご依頼はお受けできません。

[8] ヘッドライト、テール等のワンオフ加工はメリット・デメリットがありますのでご理解いただける方のみ加工させていただきます。

[9] 加工後の出来栄えに関してのクレームや返金等は一切お断りしております。

[10] 例外として、使用不可能な割れなどがある場合のみ保証させていただきます。また、加工後は元に戻すことは不可能ですのでご依頼前によくお考えのうえご依頼ください。

[11] LEDは球切れしない永久寿命という間違った情報がありますが、LEDは電球ではなく工業精密部品です。最適な環境での寿命が数万時間と言われますが車やバイクでの使用はバッテリーの電圧変化や外気環境をもろに受けますので最適な環境ではありません。いくら質の良いLEDでも切れる時は必ずきます。数十個、数百個という数を使用する場合それぞれの個体差がありますので早期寿命を迎えてしまうLEDも稀ですが存在します。

[12] LEDは熱が大敵になります。特にヘッドライトへのLED加工やイカリングは外気熱、ヘッドライト点灯時の発熱などの過酷な環境での使用になりますので通常よりも球切れしやすい傾向にあります。

[13] ヘッドライト点灯時にはLED等を消灯させておくのがベストではありますが、お客様の判断で加工部分の配線へスイッチを設置するなどで延命効果があります。

[14] 当店での加工は事前に報告がない場合は12V +コントロールでの回路設計です。6V、24V車、−コントロールの場合は必ず事前にご報告ください。報告がない場合でのいかなる破損、損傷も保証いたしません。

[15] ご依頼決定後に部品を見て加工不可能と判断した場合はそのまま返送いたします。この際の送料はお客様でお支払いください。

[16] 加工中に進行状況を写真でお知らせする場合、まれに変更を希望される方がおられます。その際は新たに別途料金が発生する場合があります。

[17] プロジェクター移植を希望される場合、車両への取り付け時にHIDの設置や移植部裏側の防水処理をお客様で行って頂く必要があります。これを怠ると水、湿気の浸入につながり内部結露の原因になります。

[18] お客様のご要望を確認し、加工内容などのやりとりを記録として残しておりますので、ご依頼や質問などは全てメールのみでの対応となります。

[19] 加工後、長期に渡ってご連絡が取れない場合や再三のご連絡にご返信頂けない場合、現物を当店で処分する旨のご連絡後、当方で現物を処分させて頂きます。ご了承下さいませ。

[20] プロジェクター移植後ほとんどの場合プロジェクター裏側が元々の位置より後方にでてきますので、車両によっては車体側の加工が必要になります。この際のサポートは一切できませんのでご自身で対処できる方、もしくは板金屋さん等に依頼するなどが必要になります。この場合に必要となる費用はお客様でご負担いただくことになります。

[21] 稀に常識のない言動をされる方がおられます。そのような方とは加工前・加工後問わず一切のお取引・ご連絡・ご依頼はお断りさせていただきます。